ナビゲーションをスキップする

Category3.html

 

ここから本文です。

施設サービス内容

サービス内容

支援相談

当施設のサービス利用を希望される方への相談援助。
また利用中のサービスに関するご意見や苦情等に対応し、安心してご利用いただけるよう支援いたします。

医学的管理

診察は附属病院を併設していますので、必要に応じ受診していただけます。
また、入所中に身体状態が急変した場合は短期間の入院が可能です。(3ヶ月以内)  

リハビリテーション

機能訓練
家庭や社会復帰に向けて、必要な訓練を医学的管理のもとで、利用者一人一人のリハビリテーション実施計画書に基づいて理学療法・作業療法を実施しています。また必要に応じて外来診療にて言語聴覚療法を受けることができます。


グループリハビリ
利用者間での交流を深める目的で各種のグループリハビリを実施しています。
また地域参加活動として障害者スポーツ大会への参加(卓球バレー・ボッチャなど)も行っています。

看護・介護

利用者の方が、生き生きとした安心した生活が送れるよう、健康管理に努めています。
生活支援では、自立と安全性に配慮し個々に応じたケアを提供しています。
退所時には、医療・福祉と連携をとり、安心して生活できるよう支援しています。

保清

一般浴槽や特殊浴槽で安心して入浴できるよう対応しています。

食事

健康管理のため、治療食が必要な方には提供しています。
利用者やご家族に、正しい食生活を理解してもらえるよう定期的に栄養教室を開催しています。
また楽しく食事ができるよう、食事会を開催し、季節に応じたイベント食を提供しています。

 

施設サービス利用までの流れ

障害者支援施設へお問い合せ

【受付時間】午前8:30~午後5:30(平日月曜~金曜)

面談

・施設概要の説明
・利用者の状態、状況等をお聞きします。

入所判定会議

 

市町村へ申請手続き

・利用者はサービスを受けるため市町村福祉課へ申請手続きをします。
・利用者は市町村と契約している相談支援事業者へサービス利用計画書の作成依頼をします。

障害支援区分の認定

・市町村より利用者への聞き取り調査があります。
・審査会を経て区分が認定されます。

支給決定

・障害福祉サービス受給者証が交付されます。

障害者支援施設と利用者と利用契約

・サービス利用開始

▲ページの先頭へ