ナビゲーションをスキップする

Category3.html

 

ここから本文です。

義肢装具適合センター/補装具の種類

補装具は身体障がい者、身体障がい児及び難病患者等の失われた身体機能を補完又は代替し、かつ、長期間にわたり継続して使用される器具のことです。

義肢

切断した手足の形状・機能を補う人工の手足のことです。

  • 義手
    上肢の切断部位に装着する義肢で、切断部位により上腕義手、前腕義手、手指義手などに分類されます。
  • 義足
    下肢の切断部位に装着する義肢で、切断部位により大腿義足、下腿義足、足指義足などに分類されます。

装具

四肢・体幹の機能障害の軽減を目的とした補助器具で、上肢装具、体幹装具、下肢装具、靴型装具に分類されます。

座位保持装置

座位保持装置とは椅子や車椅子では姿勢を保つことが困難な人に用いられる装置です。その他に臥位、立位などの姿勢保持装置があります。

車椅子

歩行に障害があったり、安静を要する人が座位のまま移動出来るように設計されたもので標準型車椅子、手押し型車椅子、電動車椅子などがあります。

歩行補助杖

体の支持やバランス保持、体重の免荷などを目的として使用する杖で、松葉杖、ロフストランド・クラッチ、多点杖などに分類されます。

 

▲ページの先頭へ