ナビゲーションをスキップする

 

ここから本文です。

ごあいさつ

 社会福祉法人 琴の浦リハビリテーションセンターは、昭和41年肢体不自由者更生施設として設立され、同時期に附属病院が併設され、主に整形外科的疾患の診断・治療を行い、昭和48年には和歌山県・和歌山市・パナソニック株式会社のご協力の下、身体障害者福祉工場設立。障害者の皆様が電池部品の組立・加工を行っております。同年和歌山県より肢体不自由児通園施設若竹園の受託運営開始。平成元年には介護老人保健施設サニーホーム業務開始。病院から自宅への中間施設として地域の高齢者の看護・介護・リハビリテーションに努めてまいりました。
 平成15年からは回復期リハビリテーション病棟を開設し、運動器疾患・脳血管障害患者を中心とした四肢・体幹機能障害に対し、365日体制にて理学療法・作業療法・言語療法等のリハビリテーションを行い、手厚い看護・介護サービスを提供、地域連携室・地域包括支援センターと協力しながら患者様の早期の社会復帰・在宅復帰を目指して尽力しております。
 平成28年からは介護保険をお持ちの方々を対象に短時間通所リハビリテーションを立ち上げ、地域の皆様に高評価をいただいております。
 近年、少子高齢化はますます加速し、超高齢化社会が目前となっており医療や福祉をとりまく環境は大きく変化していくものと思われます。こうした厳しい情勢の中で、我々は職員一丸となって患者様のADL・QOLの向上、利用者様の十分な満足を得られますよう誠心誠意努力していく所存でございますので、今後とも皆様方のなお一層のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

         社会福祉法人 琴の浦リハビリテーションセンター
理事長 森本 高史

▲ページの先頭へ